ハーフデイツアー

ハーフデイ・シーカヤックツアー

団体様、ファミリーに最適なコース

【ライトツーリングコースです】
当店目の前の湯浅湾・すはら海岸~あやめの浜~霧崎~小浜海岸といった野趣溢れる海岸線をライトツーリングします。
ファミリーや団体様向けのコースで、みんなで和気あいあいと楽しんでいただけます。

お子様連れの本格海体験としても、おすすめできるコースです。

お手軽なコースだと言っても、丁寧なパドリング講習を受けて頂いたあとスタートしますので、基本的なカヤック操船を身に付けつつ、海面に近い特有の目線からの風景を存分に楽しんでいただけます。

  1. ツアー時間、集合場所、ご料金
  2. タイムスケジュール
  3. お持ちもの

ツアー時間、集合場所、ご料金

【時間帯】
午前と午後、どちらかをお選び下さい。
☆午前9:00~午後12:00
☆午後13:00~午後16:00

【料金】
7,000円(税込)(保険、駐車場、ガイド代、施設使用料)
小学生は5,000円

【対象】
初めての方から経験者まで。2名から催行、小学生以上。
ファミリー、団体様歓迎。

【内容】
お子様連れのファミリーや団体様のために、気軽に楽しめるコース。パドリング講習の後、沿岸ライトツーリングを行います。ライトツーリングでは、沿岸の野趣あふれる洞窟や岩礁や断崖絶壁が楽しめます。


〒643-0005 和歌山県有田郡湯浅町栖原1434
電話    0737-63-3221
e-mail  sunnyrain@nifty.com

タイムスケジュール

AM9:00前(13:00前)

アイランドストリームベース(旧致楽亭内)集合
〒643-0005 和歌山県有田郡湯浅町栖原1434

AM9:00(13:00)

着替え、受付、ツアーの説明、免責同意書への記入など。

AM9:30(13:30)

・栖原海水浴場に移動(徒歩15秒)
・安全確認、注意事項などの説明
・カヤックのフィッティング、装備の再確認
・浜でのパドリングレクチャー
■その後、海上に出て基本的な漕ぎ方の練習。
(安全のため楽しく練習しながら、海をなめてはいけないということと、危険要素なども学びながら、身体を海モード、海洋生物モードへと変身)

AM10:00(14:00)

練習の流れからそのまま海岸線をツーリング開始。
その時の海況、気象状況、皆さんの習熟度などを加味してコース取りを決めます。
■漕ぎながら、海や自然観察全般のガイドをします)

PM11:00前後

・沿岸の浜辺に上陸。
・休憩

PM12:00(16:00)

・帰着、カヤック艇を皆でベースまで運びます。
・着替え、ゆっくりと感想などを語り合いながら帰宅準備、解散。
・シャワー後、当店併設の海辺のカフェでのんびりくつろいでいただくことも可能です。
■気をつけて帰路におつきください。


〒643-0005 和歌山県有田郡湯浅町栖原1434
電話    0737-63-3221
e-mail  sunnyrain@nifty.com

お持ちもの


カヤック艇、パドル、ライフジャケット、スプレースカート、ビルジポンプ、パドルフロート
※晩秋~冬はウェットスーツ


☆水着(ウェア類の一番下に着用するものとして)
☆濡れてもよいクツ(スニーカーやデッキシューズ、マリンシューズなどでOK。長靴は×)
☆帽子(つばつきのもの。ベースボールキャップがベター、
ハット系は風で飛ばないひも付きのもの)
☆長袖シャツ(ポリエステル等化繊のもの、コットンは一度濡れると乾きにくいので×)
☆飲み物(スポーツドリンク系がベター。ペットボトル1本/500cc程度)
☆行動食(カヤックの上で食べられるクッキーやアメなどのお菓子)
☆日焼け止め(日焼けがいやな人はぜひ)
☆保険証コピー(万が一のアクシデント発生時のために)
☆風呂道具(カヤック後の温泉は格別です)
☆メガネの方はメガネバンド、☆コンタクトの方は使い捨ての代えコンタクト
☆サングラス(なくてもOKですが紫外線から目を守るためにぜひ)。


☆アノラック、レインウェア(防風防水のための上着。暑い目の日には脱いでもOKだが必ず持参)。
☆長ズボン(濡れてもよいナイロン地の長ズボン。ジーンズは絶対に×)。


飲み物多めに(喉渇きます。ペットボトル2,3本/1000~1500cc程度)
☆短パン(ナイロン地のひざくらいまでの短パン。トランクスタイプの水着)
☆シュノーケルセット(夏季のシュノーケリングは最高です。マスク、シュノーケルは貸出し可ですが、持っていれば慣れた自分のものの方がベター。フィンはご持参ください。)
☆マリンシューズの代わりにかかとを固定できるスポーツサンダルでもOK(スポッと脱げてしまうビーチサンダルは×)


☆アノラック、レインウェア(防風防水のための上着)
☆長ズボン (濡れてもよいナイロン地の長ズボン。ジーンズは絶対に×)
☆フリース(レインウェアやアノラックの下に着るインナー。上手く着込めば寒さはもうほとんど気にならなくなる。)
☆グローブ(なくてもいいですが、手がかじかむのを防止するためにネオプレーンやクロロプレーンの手袋があればなおベターです)。


〒643-0005 和歌山県有田郡湯浅町栖原1434
電話    0737-63-3221
e-mail  sunnyrain@nifty.com

PAGE TOP